This Archive : 2013年06月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.30 *Sun*

はっぴーばーすでー

1997年6月30日夜。

ねずみのように小さな小さないきものがこの世に生を受けました。

彼の名前はねろさん。

捨て猫にも野良猫にも優しいナイスガイ。
そんな彼が今日16歳になりました。





2011年のクリスマスに体調を崩し、どんどん衰弱し干からびて行く彼の姿を見て号泣しました。16日間食べ物を口にせず、舌をだらりと垂らし痙攣する彼の姿を見て、もうお別れなのだと胸が千切れそうだったあの日々。

「ワタシの寿命を5年間あげるから、もう少しそばにいて」

彼はその言葉に応えるように、三途の川から戻って来ました。
もしかしたら、えびちゃん(ねろさんの母親。2006年他界)が寂しがり屋のワタシを気遣ってくれたのかもしれません。

あれから1年半。
ねろさんは甘えん坊っぷりを益々極めてワタシの隣にいます。


「なでろ」


可愛いねろさん。
呼べば飛んで来て頭ゴチするねろさん。
悪いことをすると申し訳ない顔をするねろさん。
最近耳が遠くなったねろさん。
またたびが大好きなねろさん。


16歳、ありがとう。
スポンサーサイト
category : 毛玉のはなし

2013.06.28 *Fri*

うおっ

なんだか毎日忙しくて浦島太郎状態です。リアルが忙しいってしあわせなことですね。(そうか?)



仕草が可愛い仔猫期。



いかつい顔だけどまだ仔猫期。



幼いけども成猫期。


毎日毎日、仔猫をなでくりながら、大きくなーれ大きくなーれと呪文を唱えています。
我が家のメンズたちは、全盛期に6キロはあったであろう大物ばかり。
なので最低6キロにはなって欲しい。
世の中10キロを超すねこもいるそうだから、是非ともがんばっていただきたい。
category : 毛玉のはなし

2013.06.22 *Sat*

ベランダ

初ベランダ。


ペロリ。


ドヤ顔。


おっきいねこもベランダ好き。


仔猫はたくましく育ってます。
大猫がみんなオスなので、おおらかに接してくれているからか、自由奔放というか傍若無人というか、とにかくのびのび育ってます。

ちなみにメス2匹は仔猫に近寄りません。母性本能なんて、生まれつき持ってるものじゃないんだね。
category : 毛玉のはなし

2013.06.18 *Tue*

朝っぱらから

今朝くろちゃんを病院に連れて行きました。
ねこは年を取ると腸の運動が弱くなるので便秘になりやすいとか。
お医者先生に腸を揉みほぐしてもらって、リンゲル打って帰宅。
便秘ねこさんを病院で治療すると、その後ひどくお腹をくだす場合があるので輸液が必要なのだそう。

あ、あと、便秘気味のねこにバターを舐めさせるのも有効らしいです。
ちょっと出やすくなるらしい。



写真はねろさんです。



病院にシェルティがいたのでなでくりまわして来ました。
片方立ち耳、片方垂れ耳のイケメンだった。
キミも早く元気になるといいね。
category : 毛玉のはなし

2013.06.14 *Fri*

猫背ってなんだっけ



仰向けで寝るねこ。
まだ猫背じゃないんですね。

一晩中暴れて、ワタシの安眠など知ったことかという仔猫さまですが、アレですね、ワタクシめが己の「猫奴隷」という身分をわきまえれば済む話ですね。

ワンパクでもいい、たくましく育って欲



・・・ワンパク過ぎて足が傷だらけです。
せめて狩りの練習はワタシの手足以外でお願いします。
category : 毛玉のはなし

2013.06.12 *Wed*

お留守番

今日は朝から父と母がデートに行ってしまったので1階組のねこたちはお留守番。チビにゃんず、初めての長時間お留守番です。

さて、お利口にしてたかなーと仕事から帰ると部屋は朝出掛けた時のまま。
なんて優秀な仔猫なのだ。

と、感心したのも束の間、ワタシが帰ってから何故か大フィーバーし始めて、置いてある新聞はメタクタにするわ、テーブルの上のものは落とすわ、それはもう大騒ぎ。

おまえたち、ねこをかぶる場面を完全に間違えているんじゃないか。
普通は見られていない時こそ悪事の働き時だろうに。


疲れて寝る仔と見守る大猫。


長毛は足の裏もふかふか。


まあ、母が居なくて寂しかったのは仔猫よりも大猫の方で、先程母が帰って来た途端、大猫が一斉に母に群がってました。

いくつになっても甘えん坊。
category : 毛玉のはなし

2013.06.11 *Tue*

どんどん

毎日体力作りに余念のないチビにゃんず、高い所にもどんどん登れるようになってます。



キトキト。



負けじとキトキト。


つべに上げた「耳を吸うねこと手のひらを吸うねこ」が、2000回以上観てもらえてて感無量。
みんな仔猫とか仔犬とか、ちっちゃい生き物好きだよね!

うん、ワタシも大好き。
category : 毛玉のはなし

2013.06.10 *Mon*

ふりだし

せっかく名前が決まったと思ってたのに、母が「呼びにくい」だの「覚えにくい」だのとグズるので、ふりだしに戻ってまた名無しさん。



まあ、まだまだ仔猫で名前を呼ばれてもわからないからゆっくり決めてもいいんだけど。


ねこは10歳を過ぎると、3歳児並みの知能を有するそうです。
つまり、人間の言葉が通じるのです。
そういえば、今は亡きむぎ坊(享年18歳)がちょっと怪我をした時、母に「お薬塗ってもらいなさい」と言われ、薬の入っている棚の前まで歩いて行ったことがあったっけ。
お薬を塗って「はい、もういいよー」と言うと、また寝床に戻って行きました。

ねろさん(15歳と11ヶ月)も、「布団の上で吐いたらイヤだよ」と常日頃から呪文を唱えられているせいか、吐く時はベッドから降りて行きます。

こういう所は、仔猫では味わえない 大猫の素晴らしさだなあ。


早く仔猫Aと仔猫Bが大きくなりますように。
category : 毛玉のはなし

2013.06.07 *Fri*

ちょっとずつ

ねこって箱好きだよね。



うちでは洗濯カゴも大人気。
このあとチビッコはカゴの中で寝てしまいました。


マールとブランは、ちょっとずつ確実に成長しています。
今日はロフトベッドの階段からキッチンに飛び移りシンクの中で遊ぶという大技まで披露してくれました。
キッチンに飛び移った後、階段に戻れず床に落っこちていたのは3日ほど前の話。
今日はもう階段に戻って、またキッチンに移って、階段に戻って、キッチンに、


およしなさい。


シンクで遊んでびしょ濡れになったまま色んな所を歩くので、所々ワタシの部屋は濡れています。
ええい、布団に乗るな。PCにも乗るな。

と書いている間にまたシンクでマールが盛り上がっている。キー!
category : 毛玉のはなし

2013.06.06 *Thu*

兄弟

マールとブランはとっても元気に日々過ごしております。やっぱり兄弟で連れて来て正解。


あむあむ。



きょとん顔。


みなさんもねこと暮らす時は、兄弟飼いするとラクですし安心ですよ。
仔猫はとにかく元気ものなので、寝ているとき以外はだいたい走り回っています。うちは年寄りが多いので仔猫に付き合って遊んでくれるのは1歳半のビッケくらい。でもビッケと仔猫では大きさが違い過ぎるので、遊ぶというよりは狩っているという状態になります。
それが仔猫同士だと体の大きさも同じなので、同じペースで遊べます。眠くなるのも、お腹がすくのも一緒。

仔猫が一匹だと遊び相手がいないので、奴隷であるあなたが仔猫に付き合う必要があります。
しかし仕事的にも体力的にも仔猫にガッツリ付き合うのは難しいですし、奴隷如きがねこの社会性を仔猫に教えてあげるなどという高度なことはできません。それができるのはムツゴロウさんとジャクソン・ギャラクシーくらいです。

ほら、兄弟で引き取るメリット満点ですね。

しかし気を付けなくてはならないことがあります。
仔猫の成長をねこたちだけに任せてはいけません。
ねこたちで勝手に遊んでくれて助かるわーとねこを放置していると、ねこは「家庭内野良」となるのです。
人間に対してとってもドライなねこになってしまいます。

「ねこってそもそもドライなものでしょ?」

いやいや、よしんばねこがドライな性格だったとしても、わたくしたち奴隷にはねこを健やかにしあわせにする義務があります。そのためには「通院」「爪切り」「耳掃除」「歯みがき」「投薬」「点眼」「ブラッシング」「シャンプー」など、欠かせないことがたくさんあるのです。そしてそのためにはねこを抱っこすることが不可避なのです。

家庭内野良になってしまうと、人間に触られることを好まないねこになります。
抱き上げると暴れて腕をすり抜けようとします。これでは爪の1本も切れません。困りますね。

なので
とにかく触りまくりましょう。手の中でこねくり回して、耳先、鼻先、足先などの先端をむにむにします。
視界に入ったら触ります。入らなくても探して触ります。遊んでいる時も容赦なく抱き上げてこねます。
いやがっても「ふっ」と鼻であしらい、こね続けるくらいの余裕を持ちましょう。




こねこね・・・


オチなんてありませんよ。
category : 毛玉のはなし

こよみ

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

みのうえ

マキノ

Author:マキノ
どこにでもいる猫奴隷です。

つながり

おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

Copyright © ろばのみみ(別館) All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。