This Archive : 2013年10月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.26 *Sat*

ぅぬぅ・・・

マヨさん(仮名 メス 推定5~6歳)の傷の治りが悪い。

傷口を乾かさないようにワセリンを塗っているのだけど、薄く張ったカサブタを2~3日で剥がしてしまう。
これは布団に張り付いて剥がれてしまうのか・・・?

赤剥けて血が滲んでいる傷口を見ていると、心底悲しい気持ちになる。

元の飼い主さんが、外に出したりしなければ、逃げ出せるようにしなければ、今マヨさんはこんな怪我をすることなんてなかったんだ。

骨が浮き出るほど痩せこけ、汚れ、怪我をしてさまよっていたマヨさん。
寂しくて、心細くて、不安で、それでもたったひとりで家を探し続けていたマヨさん。

一体、どんな思いで生きていたの。


感染症の類はないのですが、ケガの治療中のため、寝室に隔離されているマヨさん。早く怪我を治してシャンプーして古参の群れに放り込みたい!
紅一点なのでモテモテだよ、きっと!


タマナシの老猫たちのアイドルとして。



エリザベスカラーが高貴な印象を醸し出すマヨさん。
スポンサーサイト

2013.10.18 *Fri*

犬のおまわりさん その2

テラスでゴロリとなった迷仔のメス猫さん。

・・・傷口に砂とか付いたりして不衛生じゃなくて?!

というわけでテラスに段ボール箱投入。
早速中に入って休む迷仔。
・・・段ボール箱ですら嬉しい程に、今まで硬い場所で寝起きしてたのか。


さて、テラスに住み着かれることも、毎日ごはんを振舞うことも、決して苦ではない。
猫にしてみりゃ毎日ごはんもらえるだけで万々歳だろう。

でもね?

それじゃ単なる「野良猫」と変わらないじゃないの。
おまえさん、ちゃんと帰る家があるんだろう?

飼い主探すにしてもこの状態じゃあ、飼い主見つかったと同時に猫がフラリと居なくなることも十分起こり得るわけで。それじゃ意味ないがな。やっぱここはちゃんと保護するべきなんじゃね?
となると家に入れることになるわけで、となると感染症とか病気の検査が必要なわけで。

キャリー見せたら逃げちゃうかな?と思いましたがすんなり捕獲。
そのまま歩いて動物病院へゴー。
診察台の上では獣医先生と看護師さんにスリスリゴロゴロ。うーん、人慣れしてるなぁ。

エイズ・白血病共に陰性。ノミ・耳ダニなし。皮膚は皮膚病などではなくヤケドか何か。血液検査も若干の貧血はあるものの概ね良好。あら、見かけによらず健康な仔だこと。


迷い猫なんです、飼い主もしくは里親探すつもりなんです、ちょ、なんでウチの仔としてカルテ作ってるんすか!いやいや何番目の仔かって、えーと、じゅう・・・いやだからウチの仔じゃないですってば!

獣医先生曰く「探すつもりのある飼い主ならとっくに探してる」だそうで。
・・・探すつもりないのか。けしからん飼い主だな。

逃げた犬猫探すっつっても、警察が捜索してくれるわけでもなく、動物病院やペットショップ、コンビニ、スーパーなどに張り紙をするくらいしか手立てはないわけで。あ、今はツイッターで拡散希望!とかもあるか。
でも確かにこの仔の張り紙は見たことがない。
警察にも届出なし。
もしかしたら想像もつかないくらい遠くから来たのかもしれない。だとしたら完全にアウトだなー、張り紙すら見るわけないもんなー。


まあ、とりあえずその傷治しながら考えようか。


というわけで、飛沫感染する病気もノミもダニも持っていないので、インナーテラスへご案内。
ケージに入れたらウチの仔たちがワラワラと寄って来て迷仔猫怒るのに大忙し。


・・・しかしウチのバカボンたちは、威嚇するとかないの?

2013.10.09 *Wed*

犬のおまわりさん

土曜日、出先から帰ってくると、家の庭に一匹の侵入者。

お、珍しいなー侵入者かーと思いながら車から降りて、その侵入者に「敵じゃないですよ!怖くないですよ!」というオーラを力いっぱいまといながらソロリソロリと近付いてみた。あらあら、首輪してるじゃないの、飼い猫さんなのねーこんにちはーこんにt・・・


なに、そのガリガリでボロボロでヨレヨレな体!
ちょ、しかも怪我してんじゃん!ぎゃー!皮膚めくれてるし!血出てるし!なにちょっと!


首輪についた鈴を鳴らしながら猫はワタシめがけて走って来た。

と、とりあえずゴハンだな。よし、ちょっと待ってろ。


ゴハンのお皿を差し出すと、息もつかずにがっつくボロボロ。
ちょ、どんだけごはん食べてなかったの・・・つーかどうしたのその傷・・・

手足の付け根と足の毛がごっそり抜け落ち、皮膚がはがれて真っ赤になっているではないの。
事故にしては不思議な位置だなぁ・・・皮膚炎とかその類なのかなぁ・・・


ごはんを食べ切った猫はそのままテラスでゴロリと横になった。


あー、もーこれは間違いなく迷仔だな。
逃げ出して歩き回って道わからなくなって、家に帰ろうとさまよってるうちにガリガリでボロボロでヨレヨレになったんだな。どんだけ放浪してたのさ、そんなになるまで。


とりあえず、半径2km圏内の獣医さんと警察に連絡してみたけれど、該当する届け出なし。
なんだよー飼い主、もっと真剣に探せよー。


というわけで、話は続くのです。

こよみ

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

みのうえ

マキノ

Author:マキノ
どこにでもいる猫奴隷です。

つながり

おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

Copyright © ろばのみみ(別館) All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。