--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.30 *Sun*

はっぴーばーすでー

1997年6月30日夜。

ねずみのように小さな小さないきものがこの世に生を受けました。

彼の名前はねろさん。

捨て猫にも野良猫にも優しいナイスガイ。
そんな彼が今日16歳になりました。





2011年のクリスマスに体調を崩し、どんどん衰弱し干からびて行く彼の姿を見て号泣しました。16日間食べ物を口にせず、舌をだらりと垂らし痙攣する彼の姿を見て、もうお別れなのだと胸が千切れそうだったあの日々。

「ワタシの寿命を5年間あげるから、もう少しそばにいて」

彼はその言葉に応えるように、三途の川から戻って来ました。
もしかしたら、えびちゃん(ねろさんの母親。2006年他界)が寂しがり屋のワタシを気遣ってくれたのかもしれません。

あれから1年半。
ねろさんは甘えん坊っぷりを益々極めてワタシの隣にいます。


「なでろ」


可愛いねろさん。
呼べば飛んで来て頭ゴチするねろさん。
悪いことをすると申し訳ない顔をするねろさん。
最近耳が遠くなったねろさん。
またたびが大好きなねろさん。


16歳、ありがとう。
category : 毛玉のはなし

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



こよみ

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

みのうえ

マキノ

Author:マキノ
どこにでもいる猫奴隷です。

つながり

おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

Copyright © ろばのみみ(別館) All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: BEE)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。